たるみ、老眼予防に視力回復も?簡単・目元エクササイズ

009

顔ヨガ、表情筋エクササイズ・・・、身体だけでなく、最近は顔に特化したエクササイズも増えていますね。

様々なエクササイズがありますが、今回は目元 第一弾。

目の下のたるみだけでなく、実際老眼予防、視力を回復したという方から教わった方法。

簡単なのでぜひお試しください。

 

 

目の老化

目の老化はどのようにして起こるのか。

身体同様、日々の生活習慣が大きく関わってきます。

最近ではスマホやPCに触れる機会が増えたことにより、若い人でも 早ければ20代から老眼になる人も少なくないようです。

早い人でも40歳頃から、といわれていた老眼が、多くの世代にとってかなり身近なものとなってきているのです。

目が疲れやすかったり、近くのものが見えづらい、目が乾く、といった症状が気になり始めたら、それは目の老化のサインです。

そんな私も、PCを凝視している今、目がしぱしぱしています。笑

また、加齢に伴う血行不良や自律神経のアンバランス、ストレスの増大など、身体の老化と密接に関係しています。

なかでも老眼は、眼球にある「水晶体」の弾力性が低下して硬くなることや、その水晶体を支える毛様体筋の働きが衰え、ピントを合わせる調整機能が低下することが原因で起こります。(画像お借りしました)

シワ,老眼,視力,目元,エクササイズ

水晶体は遠くのものを見るとき薄く、近くのものを見るとき厚くなります。

そのレンズ機能を司るのが上下にある毛様体筋です。

手元から30cmほどの細かい文字が見にくくなれば、それは老眼のサインだそう。

目年齢チェック

1.新聞紙を広げ両手で持ち、腕はしっかり伸ばします。

2.そこから、徐々に顔に近づけていき、ピントの合うぎりぎりのところ(ぼやける手前)で止めます。

3.その止めた箇所から目までの距離を測ります。

結果:

40cm → 50歳

29cm → 45歳

22cm → 40歳

14cm → 30歳

10cm → 20歳

いかがでしたでしょうか。実年齢と比較して驚く方もいらっしゃるかもしれません。

目元の老化

目周り全体の老化も、同じく生活習慣と深く関わってきます。

目の周りの皮膚は、顔の中でも特に薄く、他の部位と比べるとおよそ3分の1程度しかありません。

加齢に伴って筋肉が退化し、支えられなくなった脂肪が重力に従って垂れていくことで目の下のたるみやシワをつくりだします。

皮膚の薄さゆえ、それがより顕著に感じられるのでしょう。

また、血液やリンパの流れが滞ることで余分な脂肪や水分が溜まってしまうことでも、目の下のたるみは増加してしまいます。

 

 

目元の老化-たるみ、老眼を予防しよう

エクササイズに出会ったきっかけとなったのが、以前 興味本位で参加した「速読」の体験セミナーでした。

読みたい本は沢山あるのに、いかんせんじっくり噛みしめながら読んでしまう性分で、なかなか進めず。

時短になれば、と思い軽い気持ちで参加して驚きました。

速読って私のイメージでは両ページを右上から左下に斜め読み、ぐらいの感じだったのですが、一緒に参加されたベテラン生徒さん。

本をバラバラ~ッ、バラバラ~ッ、、、まるで本のページの間に何か挟まっていないかの確認作業にしか見えず。

頭に???がつく私に、「コース終盤ともなると、これくらいできるようになりますよ」と先生。

!!!それはもう、読書でもなく速読でもなく、もはや「速視」。

本も、もっとちゃんと開いて読んでほしいやろう・・・というしょうもない感想を飲み込み、圧倒された私に微笑む先生。

結構な金額だったので受講はお断りしましたが、いつか習得してみたいものです。

前置きが長くなりましたが、そのセミナーの手始めに習った「目の体操」。

それに少しアレンジを加えたものが今回のエクササイズです。

老眼で見えづらい、ドライアイでしょぼしょぼする、なんてとてもあのスピードにはなれませんでしょうから・・・。

目元の筋肉と水晶体を鍛えるエクササイズです。

シワ,老眼,視力,目元,エクササイズ

まず、目を閉じます。絵では開いていますが、あくまで目の動きを描いているまでなのですべてつむった状態で行ってください。

1.上下に動かします。往復10回ほど。

2.左右に動かします。往復10回ほど。

3.時計回り、反時計回りに動かします。往復10回ずつほど。

目の向きを意識しながらゆっくり動かしてください。

おそらく半目や白目になる可能性が大だと思うので、人目につかない所で行うのが良いかもしれません。

シワ,老眼,視力,目元,エクササイズ

次に、今度は目を開けます。

1.目の前で両人差し指をタテに揃えた状態からヨコに引き離し、両人差し指先端が目の高さと同じ、かつ目はまっすぐ前を向いたまま見えるか見えないかぎりぎりのところ(約180°)まで広げてください(図)。

そのまま両人差し指を左右交互に見ます。往復20回ほど。

2.目の前で両人差し指をヨコに揃えた状態からタテに引き離し、目はまっすぐ前を向いたまま両人差し指が見えるか見えないかぎりぎりのところまでタテに広げてください(図)。

そのまま両人差し指を上下交互に見ます。往復20回ほど。

3.近くと遠くを交互に見る動作です。

どちらか一方の人差し指を顔の近く(近さで疲れる場合はピントの合う位置)に固定し、次になるべく遠くの、見比べるものを決めます。なるべく人差し指の延長上にくるように。

(例:壁掛け時計、窓から見える木など)

→人差し指 ⇒ 遠くのもの を交互に見つめます。往復20回ほど。

これは、20秒間で往復何回できるかを試されたのですが、初めてでどれくらいやれば良いものかわからずだいたい15~20回くらいの私に対してそのベテランさんは5~60回近くだった気が・・・。

とにもかくにも驚異的な数字でした。

先生がおっしゃるに、過去の生徒さんで受講当初メガネだったのが、この目のエクササイズを続けた半年後、裸眼でも過ごせるようになった方がいらっしゃったのだそうです。

先生ご自身も、アラフィフで老眼もなく、目のトラブルは一切ないそう。

ご一緒したベテランの方も、アラフォーで目元つやつや、いきいきキラキラとしておられました。

実際の効果は?

これは使える!!と思い、毎日ではないものの半年ほど続けてみた結果・・・

ド近眼の私。裸眼で15cm以内のものしか見えなかった私が、現在23cmまではっきり見えるようになりました。

目が悪すぎるのと毎日ではないのであまり参考にはならないかもしれませんが、確実に視力は少しですが回復しています。

また、実感として、エクササイズを行ったあとは血流が良くなるのでしょう。

目周りがじんわり温かくなり、クマも目立ちにくくなります。

また目をしっかり動かすことで、寝起きの寝ぼけ眼がすっきり解消されるのでおすすめです。

毎日でなくとも、疲れを感じたとき、気が向いたとき、大事なお出かけ前の身支度時など、少しずつでも続けることで効果は確実に出てくると思います。

できる方は朝晩2回、毎日行うことでより効果が得られるのではないでしょうか。ぜひお試しください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です