二十顎、顎下たるみを撃退!上向きエクササイズ

015

皆さま、顎のたるみは気にされていますか?

正面からでなく、横から見たときのたるみです。

あるときドラマで女優さんの横顔を見て、はっとしました。

その方はモデル出身で、誰もがうらやむ超小顔の長身美女。

しかしその美しい横顔には顎から首にかけてのたるみが・・・。

まだお若く、美のメンテナンスだって人一倍の努力でされているはず。

しかし、あったのです。そんな彼女にも顎下たるみが・・・。

 

あるのとないのじゃ大違い!まずはチェック

「人は鏡で正面からの本来とは反転した姿しか見ていない」ということで、十数年前?“反転ミラー”というものが発売され、話題になりました。

私も買ってみた一人なのですが、割と衝撃でした。

写真に写った自分と鏡で見る自分が違う、とはけっこうあることですが、それ以上に本来の自分の顔=他人様から見た自分の顔にはギャップがあったのを覚えています。

左右対称で描いたはずの眉、同じ長さで描いたはずのライン、どれもちぐはぐだったのです。

人は鏡を見るとき大部分が正面から、それも、頭の中で無意識にある程度美化した形で捉えているそうです。

TVで見た外国人の方の話で、「日本人は綺麗にしている人が多いのに、後ろ姿が非常に残念。前ばかり気にして、後ろは気にしていないのではないか。出かける前、全身鏡で後ろ姿もちゃんと見た方がいい。」というものがありました。

いやいや、外国人でも絶対気にしてないであろう人いっぱいいるのに日本人に絞って言わないでもらえます?と言いたいところをぐっとこらえ、これを別視点に置き換えてみます。

後ろ姿しかり、横、横顔です。

基本一面しかない鏡では正面、頑張ったとしても斜めしか映りません。

洗面台など、三面鏡がある方は両サイドの鏡を開いて自分の横からの姿が映るように。

ない方は鏡を二枚合わせて横の姿を映してみてください。

肌の質、しわ、メイクの状態、、など、それらのチェックで終わることが多いと思いますが、じっくり見てみると、気づいていないところに吹き出物があったり、ファンデーションと地肌の境目がくっきり分かれていたり。

普段気にされていない方も、顎から首にかけてのライン、じっくりご覧になってみてください。

先述した女優さんの顎に気づいてから、以来 TVの芸能人、街中の女性を大変僭越ながらチェックさせて頂いたのですが、けっこういらっしゃいました。

正面からはとてもすっきりシャープなのに、顎下がぽよん。。もったいない・・・。

前から見てわかる二十顎ではないのです。

横から見た顎下のたるみなのです。

私の話になりますが、『ヒルナンデス』が大好きで、特に火曜日はほぼ欠かさず見ているんです。

そこにHey! Say! JUMPの有岡くんという子がいるのですが、彼、さすが平成生まれというと語弊がありますが、とにかく顔が小さいのです。

同じくレギュラーメンバーのオリラジあっちゃんと比べると、半分なんじゃないかというほど。

その彼が、番組レギュラーとなって約2年半、当初すっきり小顔だったのが、番組ロケで美味しいグルメを食べているせいか定かではないですが、どんどん顔が丸く・・・

まだ若く、歌やダンスでたくさん消費しているはずなのに、横から見たときの、あのすっきりした顎はどこ?と思うほど。

(ファンの方すみません、ですが私もファンの一人です)

二十顎,顎下,たるみ,エクササイズ

図参照:青線がもともとのライン、ピンクがたるみによるラインです。

もともとの顎~首のラインが見えなくなってしまっている状態です。

上記の女優さんも真ん中の図のような状態になってしまっていました。

また、けっこういらっしゃるのが顎はそのまま、そのすぐ後ろから首の間にぽこっと丸いたるみがある場合です。(図左)

これが前から見たときの二十顎ではなく、横から見た顎下のたるみです。(二回目)

有岡くんも女優さんも、もともととっても小顔なのに本当にもったいない。

せっかく顎からのラインがシャープなのに、たるみさえなくせば完璧なのに、とエラはりの私は思うわけです。(余計なお世話でしょうが・・・)

ここまで書いておいて、肝心の自分があっては元も子もないので、昔から、エクササイズは地味に続けています。

上記のようなたるみはないはず・・・ですが、油断は禁物、積み重ねが大切、とコツコツ行っております。

前記事【たるみ、老眼予防に視力回復も?簡単・目元エクササイズ】で紹介させて頂いたエクササイズと合わせて、朝の洗顔後の日課にしています。

よろしければ、参考にしてみてください。

 

 

顎のたるみ撃退 エクササイズ

二十顎,顎下,たるみ,エクササイズ

*舌出しエクササイズ1

まず、ぐっと上を向きます。なるべく自分のきついと思える手前あたりまで上げてください。

目はつむってください。

①そのまま前に舌を出します。これも出せるところまで。

舌を上に引き上げます。鼻先を舐めるようなイメージ。

同時に目線を下に下げます。舌先を見つめる感覚です。

②口を開け、舌を下に下げます。なるべく大きく開け、なるべく下に伸ばしてください。

同時に目線は上へ。舌と反対方向を見上げる感覚です。

往復5~10回ほど繰り返します。

二十顎,顎下,たるみ,エクササイズ

*舌出しエクササイズ2

上を向いたまま、舌を突き出し歯に沿わす感覚で舌を往復させます。

往復10回ほど。

二十顎,顎下,たるみ,エクササイズ

*舌回しエクササイズ

「べろ回し」とも言いますね。よく効く!と話題になったエクササイズです。

公式??では、口を閉じて上下の歯を舐めるように舌を回す、とのことですが、やっているときの口元を見て気になりました。

オランウータンのような口元、鼻の下には深い溝ができ、唇も縦ジワがくっきり、顎にも梅干しのようなシワができます(私だけかもしれませんが)(図左)。

よく、ずっとしかめっ面をしていたら眉間にシワが刻まれたり、よく笑っていると笑いジワができたりなど、表情の時間や頻度でできるシワが変わってくるといいます。

ならエクササイズもそうではないか、たとえ一つの時間は短くても、習慣として続ければ多かれ少なかれ影響はあるのではないかと思い、ならばなるべく余計なシワのできないやり方をと思い、口を開けて行うようにしました。

なので、改めて

*舌回しエクササイズ

図右のように口を軽くぽかんと開けた状態で、上下の歯を舐めるように舌を回す。

時計回り・半時計回り、それぞれ25回ずつ。

二十顎,顎下,たるみ,エクササイズ

①「ういうい」エクササイズ

名前のとおり、「う」「い」を繰り返す。

「い」のときは思いきり広げるというよりも、笑顔の口元になるように。

「うい」で1回を10~20回。

②「おあおあ」エクササイズ

「お」「あ」を繰り返す。

「あ」はどちらかというと「あ」と「え」の間、英語のcatのaの読み方「æ」のイメージ。

思いきり開けるというよりも、笑顔の口元になるように+両頬のお肉を意識して行う。

「おあ」で1回を10~20回。

実際の効果は?

こちらも毎日ではないものの、今のところたるみは目立っていないので効いているのだと思われます。

ただ、最初の頃は上を向いて口を動かすだけでしんどく、首の後ろがずーんと痛くなったり、舌回しも頑張りすぎると喉の奥を痛めたりといったことがありました。

ですので、必ずご自身でつらくない程度に行ってください。

回数もあくまで目安で、慣れてきたら増やしてみる、首の角度を上げてみる、などご自身の身体と相談しながらやってみてください。

つらくなってやめてしまうより、少しずつでも続けてみることで、遅かれ早かれ必ず結果は出てくると思います。

今の自分をキープ、または本来ののラインを取り戻して小顔を手に入れましょう。

私も引き続き、マイペースで頑張りたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です